Diary

2012年7月9日

最近。

ホイットニー・ヒューストンを好んで聴いてる。

そんでCDを聴く度に「俺より50倍、唄が美味いな」と痛感させられる。

っつーか俺が上手くないだけの単純な話なんだけどね。

そりゃ~下手とは言わないよ。

17年ボーカルやってんだから自分の唄に多少の誇りは持ってるつもり。

でも、ワールドクラスは違うんだよ。

ポリスを観に行った時も「もうバンド辞めた方がいいな俺は」と一方的に現実を突き付けられた感じ。

スティングがソロで頑張ってたとは言え、20年間ぶりに再結成した昔のバンドが東京ドーム2デイズを余裕でやっちゃうんだからワールドクラスは恐ろしい。

もうコテンパンにやられるワケさ。

そんな時もあれば自宅でレコーディングしてる時の話である。

「おぉ~今のは良い音で録れたぞ!!」

「おぉ~なんて斬新なアイデアだ!!」

「俺って天才なのか!?(汗)」

と、ワールドクラスの方々をすっかり忘れて自惚れてる。

そうなんです。

そんな気持ちの↑↓を17年間ず~っと繰り返しながら音楽人生を楽しんでいるんだな~と最近気付きました。

まぁ図々しくもワールドクラスのアーティストと張り合おうと頑張っちゃってる自分は嫌いじゃ~ないけどね(笑)

っつーワケで今年の夏休みは満足の行く新曲が書けそうな気がします♪


シェアするTwitterでフォローする