Diary

2013年8月16日

夏休み⑮

夏休み15日目。

学生時代の話。

家でも学校でも時間さえあれば漫画ばっかり書いてるヲタクな少年だった。

ゲゲゲの鬼太郎が大好きだったので「妖怪博士」なんて呼ばれてた時期もあったっけ。

そんな僕に告白して来てくれた同じクラスの女の子。

聞けば「クラスで冴えないヤツだと思ってた僕の私服がカッコ良かった」そうだ。

休日に必死でチャリをこいでる僕を見掛けたらしい。

ギャップってヤツ?

でも、その洋服は姉ちゃんが選んで、姉ちゃんが買って、姉ちゃんに強制的に着せられてたヤツなんだよね。

あの頃の僕は漫画以外に興味が持てなかったワケで洋服なんてとてもとても。

とゆうワケで僕ではなく姉のファッションセンスに惚れた女の子が居たとゆう話でした。

まぁ予想通り3ヶ月後にフラれたよ。

だってボク漫画ヲタクだものwww


シェアするTwitterでフォローする