Diary

2013年8月31日

夏休み最終日。

夏休み31日目。

夏休み最終日は天気がすこぶる良かった。

夏の終わりの日差しの中で洗車しながらフと思った。

「そうだ 勝浦へ行こう♪」

JRのCMのように。

今年の夏休みは本当に楽しく充実しかしてなかった。

気が付けば毎週勝浦の海に遊びに行っていた。

極上の音楽を聴きながら3時間のドライブ。

ただ、一人なのだ。

一人で真夏の海に行くのは初めての試み。

先週は20人で行ってるワケだし。

ちょっと行動が痛いかな~とか思ってたけどビックリするくらい楽しんでしまった。

一人で(笑)

まずは御宿海岸へ。

先週行った時とは大違いで海岸は閑散としていた。

でも辛うじて海の家が一軒だけやっていた。

ちなみに僕の服装はキャップにサングラス、Tシャツに短パン。

一人テーブルにつきカレーライスを食べる。

なぜか今年食ったカレーで一番美味かった。

ただ、周りの海水浴客からの視線がどうもおかしい。

どうやら海の家のオジサンとヂャッヂされてしまったようだ。。

その後、守谷海岸に移動。

持参したイスを砂浜に広げてドンと座る。

こちらも先週とは違い閑散としてるが広がる空と海。

贅沢な景色に人生を充実させていた。

ただ、目の前の波打ち際ではしゃぐ水着ギャル達がタオルを巻きだす。

どうやら盗撮犯だとジャッヂされてしまったようだ。

一人は何かと不便である。

先生に連絡すると学校に居るとゆうので数年ぶりの学園に。

建て替えられてだいぶキレイになったが原型もしっかり残って居たので懐かしさに鳥肌が立った。

20年前に自分が生活してた寄宿舎。

これぞノスタルジーのド真ん中とゆうヤツなのかも知れない。

先生ともゆっくり話して次は小湊の「なかむら」とゆうお店へ。

ここの「おらが丼」は値段も安く絶品。

是非みんなに食べてほしい。

ただ、やはり一人なのでやはり店員さんがチラチラ見てくる。

どうやら食べ歩きのブロガーだとヂャッヂされてしまったようだ。

お腹を満たした僕は勝浦のアクアパレス(温水スパ)へ向かう。

人生初の一人アクアパレスだ。

スカイフロアは誰もおらず貸切状態だったのでキレイな夜景も独り占めだった。

ただ、夏だとゆうのに強風で極寒だった。

客が一人も居ないのもうなずける。

そして冷たい風のせいか温水は全然温かくない。

なのでサウナへ移動。

12分計を一周したが余裕。

一人の時のサウナは最高。

誰も待たせてないフリータイムな環境も手伝ってかいつもででも入ってられた。

物足りなさを感じた僕は高温サウナへ。

こちらも心地良く10分。

平泳ぎの練習だって欠かさない。

北島選手をイメージしながら泳いださ。

気が付けば閉店ミュージックの蛍の光。

一人で2時間以上遊んでいたらしい。

周りの家族からの視線が痛かった。

その後は夜の守谷、小湊、鴨川の海を見に行った。

最高だった。

帰りたくない。

もっと堪能したい。

どっか民宿で一泊して帰りたいくらい。

ただ、嫁さんからの「一人でも楽しめてうらやましい性格ですね」とゆう愛情に満ち溢れたメールに釘を打たれ余儀なく帰宅コースへ。

結婚って。。。。

そして最後の最後に一人「海ほたる」デビュー。

これまた周囲からの痛い視線が突き刺さりますが人間は慣れる生き物。

今日はずっと不審者扱いを受けて来たのでもう何でもないのです。

今年最後の夏を死ぬほど楽しんでやりました。

一人で海行ってこんなにはしゃげるって幸せですよね。

楽しい楽しい一人旅も終わり帰宅したら見たこともない顔をした嫁さんが待っていてくれるのです。


夏休み㉚

夏休み30日目。

友人に彼女が出来た。

彼女の写真を見せてくれた。

可愛いと思えなかった。

そんな時はどんな言葉を口にしたら良いのだろう?

「可愛いね」とゆうのは聞き手によってはいやらしく聞こえたりするよな。

「仲が良さそうだね」じゃ答えになってないし。

だからと言って無言とか気まず過ぎるし。

でも、瞬間的に嘘を付のは難易度の高い離れワザ。

そんな時にはただただ笑顔でうなずくのがベストなのかな。

瞬時に反応するって難しいぜ!!


2013年8月30日

夏休み㉙

夏休み29日目。

夏休み日記もそろそろ終わるなぁ~

小学生の時の夏休みの日記もこの時期になると7月20日辺りの思い出をたどりながら書くんだけど全然覚えてなかったりするんだよね。

だって毎日ラジオ体操行って公園で遊んで家に帰って来て近所の子と遊んで夕方になって~の繰り返しだもん。

あの日は何して遊んだかなんて覚えてないよね。

天気なんか特に思い出せないし。

でも台風の日なんかは好んで外に出て行ったなぁ~

子供の体は軽いからホントよく吹っ飛ぶんだわ(笑)

サッカーボール蹴ってもあらぬ方向に曲がったりね。

吹っ飛ばされてぐちゃぐちゃの地面にダイビングして泥まみれになって帰宅して母ちゃんに怒られるのが恒例行事。

ん?

子供の頃からの歌詞と違くね?

全然怯えてないじゃん!!(笑)

台風が来る度に近所の小僧どもとゲラゲラ笑いながら遊んでたくせによくあんな歌詞書いたな(汗)

そうそう。

台風の目を一回だけ見た事があるんだよね。

ガンガンの強風と雨を堪能してたのに数分だけ真上の空が晴れたんだ。

それは静かでビックリするくらいの青い空。

あれは子供ながらに感動したなぁ~

そしてまたガンガン嵐でキャ~!!ってなって(笑)

いや~

夏の終わりはとにかく寂しいッス(涙)


2013年8月29日

夏休み㉘

夏休み28日目。

今日はスーパーに行った。

パンやヨーグルトや牛乳など6点を購入。

レジでの合計金額が1000円ピッタリだった。

別に大した事ではないのだが「どうだ?凄いだろ?」みたいな顔をしてしまった(汗)

当然スルーされた。

話は変わるけどレジの人って遅い人と早い人が居るのがホント不思議。

一見、サササッと動きは早いのだが結果待たされる感が半端ないレジさん。

大してヤル気があるようにも見えないのに気が付くと全て済んでるレジさん。

最近スーパー好きなんです。



写真はローソンのバイト時代お世話になった山谷くんです。

この人の仕事の速さは神業。

どんなに急いでやっても勝てなかったなぁ~

そして僕の知ってる中で一番優しい人です。


2013年8月28日

夏休み㉗

夏休み27日目。

学生時代。

付き合ってる彼女の友人達に僕が紹介されるとゆう機会があった。

いわゆる「これが私の彼よ♪」ってヤツ。

嫌だった。

自分の容姿に物凄いコンプレックスを持っていたから。

中学生の時に鏡と相談して決めたんだ。

「こんな顔で女性をナンパするのは嫌がらせにしかならないから絶対にナンパはしない」と。

そう強く決めたんだ。

しかし、そんな僕の決意など届くはずもなく。

品定めするような視線をガンガン浴びる。

なんて気分の悪い。

そして、気まずい沈黙を破って彼女の友人達の一人が言った。

「肌がとってもキレイね。」

・・・・。

ほら見た事か。

言葉が見つからずなんとか絞り出したような言葉じゃないか。

誰も得をしない残酷な状況だった。

これも一つの若気の至なんだろうな。

ただ、今は全く容姿を気にしていない。

開き直ったのかな。

じゃなきゃライブ中にあんな汚い顔して唄えないよ(笑)

まぁそんなデリケートな時期もあったって話さ。



写真は激アツの貞ピョンです♪

デンジャー柄カモ~ン!!!!


1 / 712345...最後 »
シェアするTwitterでフォローする